リアルな人妻デリヘル嬢の見抜き方

人妻専門デリヘルといっても本当の人妻(現役の奥様)が働いていることは稀であり、多くのデリヘル嬢は人妻という設定で働いています。まったく普通のお姉さまが人妻として働いていることが多いですが、バツイチの女性やシングルマザーの女性も多く働いています。既婚者だけど現在は別居中や離婚調停中という女性もいます。まったく普通のお姉さま(年齢が30代というだけ)は論外ですが、バツイチやシングルマザーは人妻といっても嘘ではありません。別居中や離婚調停中の女性は本当の人妻です。

中には旦那に内緒でデリヘル嬢として働いている女性も少なからずいます。しかし、実際にお相手したデリヘル嬢が本当の人妻なのかを知ることはできません。女性に聞いたところで本当のことを話しているのか適当に嘘のことを言ってるのか分からないからです。正確に本当の人妻だと知ることはできませんが、リアルな人妻であった場合の特徴をまとめてみました。

結婚指輪をはめている

結婚指輪をはめている女性は既婚者であることが多いのは当たり前です。結婚指輪をなくしてしまったら大変ですから、指輪をはめたままデリヘル嬢として働いています。しかし、結婚指輪をしているからといって必ず人妻というわけではありません。人妻になりきるために安物の指輪を買ってはめている女性もいるからです。しがたって、指輪をはめている女性は人妻である確率は高いものの100%というわけではありません。

シフトが昼間の時間帯のみ

リアルな人妻であれば、夕方には旦那が帰ってくるので食事の支度などをしなければなりませんので、夕方や夜までシフトが入っているようなデリヘル嬢は人妻でない確率は高くなります。リアルな人妻であれば、働ける時間は旦那を送り出した朝からお昼過ぎくらいまででしょう。したがって、リアルな人妻に会いたければ昼前後の時間帯を利用するのがいいでしょう。

それ以外にも、外見や服装がゴージャスな女性は人妻の確率はとても低い傾向があります。なぜなら、高いバッグや洋服を着てしまうと旦那に風俗などの怪しいバイトをしていることがバレてしまうからです。リアルな人妻デリヘル嬢であれば、借金や家庭の事情で風俗で働いていることが多いので贅沢をしているような女性は独身の風俗嬢だと思ったほうがいいでしょう。